むちうち

むちうちの原因について

 むち打ちは、正式には外傷性頸部症候群・頸椎捻挫と言いますが、一般的には、むちうち症、むちうち損傷と呼ばれています。

 首の上にやや不安定な状態で乗っている頭部が、強い衝撃により、むちを振り回すようなS字形の動きを強いられることで、むちうちが生じます。
 首の損傷でも、頚椎(首の骨)の骨折や脱臼により脊髄や神経を痛めると、手足に不自由をきたし、最悪の場合、寝たきり状態になってしまうケースもあります。

 これに対し、むちうちは、そこまで重症に至らず、首の筋肉や靭帯、関節などを痛めたことで、首や肩、背中に痛みが走り、持続する症状を指します。
 事故での衝撃によって、頚椎捻挫、バレリュー症候群、外傷性頚部症候群、頚部挫傷、頚椎椎間板ヘルニアなどを誘発することが多いです。

 首の骨は7個あり、衝撃を受けたことで、骨自体・筋肉や靱帯・椎間板を痛め、筋スパズム(持続性筋収縮)が筋肉に起こり、硬くなり、神経を刺激して痛みが発生し、運動制限(首が動きづらくなる)が起こったりします。

 肩や指などにもしびれが生じる場合があるため、むちうちはできる限りお早めに接骨院へ通院することが大切です。

市原接骨院のむちうちの施術

 当院ではむちうちの施術について、どこから痛みが生じているのかをカウンセリング、検査をしっかりと行い、追究します。

 そして、痛みが生じている部分に対して、アプローチし、根本改善を目指していきます。

 痛みの原因が身体の深部にある場合、「ステレオダイメーダー」などの機械や手技による徹底したアプローチを行います。

 むちうちによるお悩みはそのままにせず、当院までご相談ください。

受付・施術時間

 
午前
午後 ---

【受付時間】
☆平日
08:30~ 12:00
16:00~ 20:00
※ 水曜日の午後は除く

☆土曜日
08:30 ~ 13:00

☆第1日曜日
08:30 ~ 12:00

☆定休日
水曜日午後、土曜日午後
日曜日(第1日曜日午前は除く)・ 祝日

所在地

〒478-0041
愛知県知多市
日長二タ股28-1

0562-55-9336

お問合せ・アクセス・地図

PageTop